2008年01月22日

総評・仮面ライダー電王

先日「仮面ライダー電王」が放送終了した。

徹底的なリアリティを追及した「仮面ライダークウガ」により爆発的ヒットを飛ばした平成仮面ライダーも、年々マンネリ化の影も見え隠れしていた頃のことだった。一度は「仮面ライダー響鬼」でデザインからストーリーに至るまで創造的破壊を試みたものの、予算や制作上層部との軋轢によりプロデューサー交替という形で失敗に終わった。時同じくして視聴率や玩具の売上にも影を落としていた。
それは平成仮面ライダーが大人の視聴に耐えうる作品にしようとばかりに無理に難解な話や設定にしようとし、本来ヒーローが支持されるべき子供達を向かなくなってしまったことに他ならない。このことはライダー中興の祖とも言える白倉プロデューサー他製作者がもっとも危惧していたに違いない。そこで「仮面ライダーカブト」から30fpsのフィルム風味なHV映像に切り替え、登場人物もどこか突出した性格の持ち主にするなど昭和ライダーのケレン味と東映ヒーローが持っていたマンガチックなノリへの回帰を志向していった。そういった意味では「電王」は非常に大胆な作風だが必然として現れた作品ではなかろうか。

電王は大人に評価されることよりも子供たちに面白がってもらえることを選んだ。もちろん出演者の演技力やストーリーに隠れる「人の記憶こそが時間」というわかりやすいメッセージ性は、決して大人が馬鹿にすることなどできない。だが電王は理屈で楽しむ作品ではない。言ってみればこの作品はノリこそ全てなのだ。
それは主人公の『相棒』とも言えるモモタロスら4人のイマジンに現れている。彼らは元々過去を荒らしにやってきたはずなのに、良太郎という特異点に憑いたが故に運命が変わっていった。一人はカッコよく戦いたいというだけのため、一人は戦いを好まないので回避するため、一人は命を救われた恩のため、一人は良太郎の姉に惚れこんだため。彼らは単に戦闘のためのコマではなく、デンライナーで宴会もすれば人助けもする。妙に人間臭いファンキーな奴らだ。それでも良太郎を誰よりも慕い、彼のためにひと肌脱ぐことも厭わない。今まで度重なるごとに不幸を患ってきた良太郎も彼らと出会ったことで成長し、終わってみればものすごい強運の持ち主になっていた。

もう一人のヒーロー・桜井侑斗(ゼロノス)とデネブの存在も大きい。やはり彼らもイマジンから歴史の分岐点として追われる立場となり、戦うことで回避していった。強いとか運がいいとかポジティブな言葉を吐いていたが、これは今にしてみれば己の過酷な運命に挑むためのゲン担ぎだったのではないかと思える。何せ戦い続けても襲われても人々から存在そのものを忘れ去られてしまうのだから、これを乗り越えるには並大抵の忍耐力では適わなかっただろう。
電王とゼロノス。今と過去を繋ぐ2人の仮面ライダーがそれぞれの時代を守り通しただけでなく、未来への線路をも守った。運命は自分で掴むものだということを理屈ではなくフィーリングで魅せていったこの作品の存在は大きい。

「俺は最初から最後までクライマックスだぜ!」この台詞は決して視聴者を飽きさせないことを誓った作品そのものを現すといってもいい言葉だ。1年間見ごたえのあった作品を創り出していったスタッフ・キャスト一同に敬意を表す。
そして次回作「仮面ライダーキバ」にも期待を持ちたい。キバもやはり親と子、二世代に渡る時の流れを主軸にした作品だ。未来の脅威から時の流れを守った電王に対し、過去の宿命から今戦うキバは未来を築いていくことだろう。
posted by みなみ いくのり at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ・特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9874362
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック